表示ごとの大きいヒッチハイク

「はぁ……」
田舎町を独力、自家用車を走らせる俺。訪問でも無ければ、こんな何も乏しい辺鄙な街に来やしないんだが。
ぶつくさいっても仕方ない。やはり事柄は澄んだし、家に帰ろう。そして寝よう。
「!?」
とか思っていた矢先、車道のとなりで少女が腕を挙げて、俺を見つめている。ひょっとして……ヒッチハイクって者か。
俺は激減させ、自家用車を旦那のとなりに止めた。又もや見ると、
「こ、こういう夫人……」
マジいいからだしてあるじゃないか。むっちむっちのけつに、ぐっと突き出た厳しいミルク。如何にも旦那と遊んでいる様な容貌で―――短パン、半そでのシャツと非常に表示ごとが厳しく、その上ブロンドヘアーロングと来た。これは上玉ですな。
「おやじ、ありはとー。たすかったよー」
結果、俺は旦那を助手催事に乗せて自家用車を走らせて仕舞う。
「シブヤまで登録しまーす」
遠っ。一旦そんなことはどうしてでも宜しい。俺は起こるアクセントに釘づけだった。
こういう子どものおっ○いです。シートベルトが胸をくっきりと形成に分かち、自家用車の振動でぷるぷる揺れて俺を導きやがる。
そして俺は……・。
「ちょ、一気になにすんだよ!オッサン!いいえ!閉め……」
俺はひと気の無いところで自家用車を外し、車内で旦那を襲った。楽勝ですな……。
作者はERONDON HEARTS 様。アダルト男向けのレイ○モノ戯画。
今、大注目の力作。こういう力作、DMMでもはや2700回限りセットアップされている傑作だ。
教科書作品の魅力は一体何か。評定を交えて全部解説していきたいと思います。
こういう力作は、ヒッチハイクして来た少女を自家用車に乗せてたら、むらむら講じる空間、乗員の旦那が犯して仕舞うという会話。
どう見ても誘ってある格好の少女なんですが、旦那にその気はなかったようで、純粋にただ行き先まで運んでほしかっただけの匂い。とはいえ、少女ですから、予め愛欲は旺盛。最初は抵抗していたのに、段々とノリキになってきて自ら腰を振り始まる!?
全編全色彩の美麗なCGが印象的で、ブロンドヘアー少女が大好きな人物にはうってつけの力作と言えます。たいてい単身だと思いますが、あまりにも大胆で、それでいて発育したから月からして、人妻に思えなくもないです。
少女贔屓、熟女好きに必見!最初はレイ○一品、終幕は和姦。と、一作で2つ遊べる結果、どっかお得感覚がしますね。むちむちのブロンドヘアー少女を見たいなら正邪教科書作品を!
一層、正邪一度、モデルを見てください!後悔しない質だ!
千葉県の興信所